ねこじゃらし


前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)

 長崎市の伊藤一長前市長が銃撃されて丸3年を迎える17日、市は事件現場となったJR長崎駅前に献花台を置いた。午前中から前市長の死を惜しむ人々が訪れて冥福を祈った。

 前市長を個人的に応援していたという長崎市岩見町の三浦登志子さん(76)は「惜しい人を亡くした。本当にいい人」と目を潤ませながら話した。献花台前で手を合わせた後、こらえきれずに手で顔を押さえ「伊藤さん、生き返ってもう一度、市長せんですか」と涙声で呼びかけた。

 市は命日の18日も献花台を午前9時〜午後5時半に設ける。

<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
最高裁 岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
<ミニカー>漆塗りのトミカ 輪島塗のフェアレディZ(毎日新聞)
かくて国家や日本人の名誉は貶められる(産経新聞)
民主法案判明 ネット選挙解禁へ 今夏の参院選から適用(産経新聞)
[PR]
by ewq6quomjr | 2010-04-19 22:58

<< 頭部も女性会社員=DNA型が一...      <お別れの会>大西祥平さん=2... >>

3匹の猫との共同生活
by ewq6quomjr
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧